歯周病

沈黙の病気「歯周病」

歯周病とは、歯磨きが不十分だったりすることで、歯と歯ぐきの間に細菌の塊である歯垢(プラーク)がたまり、周囲に炎症を引き起こす病気です。進行すると歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまうこともあります。
むし歯とは違って痛みなどの自覚症状がなく、気が付いたときには歯が抜ける寸前だった、ということもあります。
歯周病は歯ぐきが腫れる歯肉炎から始まり、軽度・中度・重度と段階的に進行していきます。軽度であれば日ごろの歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングで進行を防げますが、重度になると専門的な治療が必要です。

当院には歯周病の専門医・認定医・認定衛生士が在籍

当院には日本歯周病学会の認定を受けた歯周病専門医が在籍しています。気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

日本歯周病学会専門医とは

日本歯周病学会では、歯周病治療に対する一定の経験や知識などを問う試験の合格などを条件に、「日本歯周病学会専門医」という資格を授与しています。専門医や認定医の資格は5年ごとに更新する必要があるため、常に歯周病治療を行っていなければ、資格を保有し続けられません。
歯周病治療は歯科医療の中では比較的に新しい分野で、治療内容も複雑。そのため、歯周病への的確な診査・診断・治療ができる歯科医師は現在のところ少ないのが現状です。全国の歯科医師の中で0.6%しかこの専門医の資格を持っていません。当院で歯周病治療を行う医師は、全て専門医・認定医の資格保有者です。

日本歯周病学会専門医についての詳細はこちら

歯周病セルフチェック

「世界で最もかかる人が多い感染症」とギネスブックに認定され、日本人の約8割が罹患していると言われている歯周病。下記項目に一つでも当てはまる方は、歯周病またはその予備軍です。

歯を磨くときに歯ぐきから出血がある。
「息が臭い」と言われたことがある。
歯ぐきから膿みが出ることがある。
朝起きたときに、口が粘ついたり変な味がしたりする。
歯ぐきが赤く腫れたり、痛んだりすることがある。
歯がグラグラと動く。
歯ぐきがむずがゆい。
歯と歯の間に、食べ物がよく挟まる。
鏡で見ると、以前よりも歯が長くなったような気がする。

症例毎の歯周病

  • 健康な歯ぐき
  • 歯肉炎
  • 軽度歯周炎
  • 中度歯周炎
  • 重度歯周炎

歯周病治療の方法

1、歯周ポケットの測定

歯周病の治療はまず、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」を測定することから始まります。一般的に歯周ポケットの深さが1~2mmであれば正常で、3~5mmであれば中程度の歯周病、6mm以上だと重度の段階に進行していると考えられます。
特にポケットの深いところや検査時に出血した箇所は歯周病の可能性が高いです。この部分から治療を始めます。

2、歯肉炎や軽度、中度の歯周病の治療

歯にこびりついている歯垢や歯石は、スケーラーという器具を使って削り取ります。
また、歯の根の表面がざらついていたり、歯石がこびりついたりしている場合は、歯垢や歯石から出る毒素で汚染されている可能性が高いため、「ルートプレーニング」という方法で汚れを取り除きます。
歯石を除去するとその部分の炎症が治まり、軽度であれば治癒します。

歯石の除去作業には痛みが生じる場合もあります。当院では必要に応じて麻酔を使い、患者さまに痛い思いをさせないように配慮しております。

3、重度の歯周病の治療

歯垢や歯石の除去でポケットが深いままの場合、深さを短くするために外科的な手術を行います。歯周病が進行し、骨が溶けて薄くなっている場合は、特殊な材料で失った部分の骨を補う手術を行うこともあります。

重度の歯周病の外科的治療について

歯周組織再生療法:GTR(Guided Tissu Regeneration)法

歯槽骨など歯を支える周囲の組織(歯周組織)を再生させる治療法の一つに、GTR法(Guided Tissu Regeneration)があります。1980年代初めに研究・開発が始まり、1990年代から世界中で広く行われるようになりました。
ポリテトラフルオロエチレンというフッ素樹脂から作られた素材を、歯肉と他の歯周組織(歯根膜・歯槽骨)の間に入れることで、失われた組織を再生させ、元の状態に近づけていきます。
GTR法は歯科医師の技術によって治療効果が大きく変わる非常に難しい手術法ですが、当院には歯周病の専門医・認定医・認定衛生士が在籍しており、十分に対応することができます。

エムドゲイン法

エムドゲイン法とは、失った歯周組織の中に「エムドゲインゲル」という特殊な素材を入れることで組織を再生させる治療法です。
エムドゲインは歯根の形成時にも分泌され、歯を支えるための組織を発達させる物質です。現在、世界の多くの国々で行われている安全な治療法です。

歯周病治療後のメインテナンス

歯周病はとても再発しやすい病気であるため、日頃から丁寧にメインテナンスを行うことが大切です。
歯周病が治った部分も、溶けてしまった骨が元通りになっているわけではなく、歯と歯肉が弱く結合している場合がほとんど。そのため、歯磨きやメインテナンス治療を怠ると再発しやすいのです。
再発防止のために丁寧に歯を磨き、歯科医院で定期的にメインテナンスをしましょう。当院には歯周病に精通した歯科衛生士が複数、在籍しています。